マイニングとは

仮想通貨とはインターネット上のお金の事です。
ただし、紙幣や硬貨のように形があるわけではなく、インターネット上でデータ化されているお金の事を指します。

  • HOME
  • マイニングとは

仮想通貨をマイニングすると報酬がもらえる

マイニングとは、ビットコインなどの仮想通貨で、新規の取引情報を解析し、ブロックチェーンを作成する作業です。
例えば、利用者Aが持っている、BTC100コインを利用者Bに送る場合、「A100 : B0」が「A0 : B100」に資本移動することを複数のマイナーが承認することで、BTC取引は成り立っています。
BTCの取引台帳はネットワーク上で分散・保存されており、その承認作業を行うためには、莫大な計算力が必要です。
そのため、高い演算処理能力を持ち、最も早く承認を行えるマイナーがその通貨で報酬を得られる仕組みとなっています。

仮想通貨をマイニングすると報酬がもらえる

ビットコインは、約10分ごとに1ブロックがマイニングされます。
一番最初に認証に成功した人には報酬が支払われます。
2番目以降の成功者には報酬が支払われません。
現時点の報酬は12.5BTCです。運良く一番最初に認証出来れば、約1200万円分の報酬を得られます。
単独(ソロ)でマイニングを行う場合、成功すればこの1200万円を独り占めできますが、競合があまりに多く、宝くじに当たるようなものです。

そこで、安定的に報酬を得るために考えられたのが、マイニングプールという手法です。
みんなで協力して計算し、誰かがうまく認証に成功したら、協力度合いに応じて報酬を分け合うものです。
皆でお金を出し合って宝くじを購入すれば、単独の資金で購入するよりも当選確率が高まるという考え方です(当選金を宝くじの購入金額に応じて皆で分配するため各自の取り分は減ります)。

マイニングプールに参加すれば、貢献度(提供したハッシュレート)にあった報酬を受け取ることができます。
マイニングプールを利用する場合は、装置や仮想通貨の選定や、装置の設置稼働準備手続き等に対する知識や、装置の購入費用、装置の稼働環境の整備(電気代が安く、騒音や空調等に問題のない環境を整備)が必要となります。

用語集

ハッシュパワー マイニングを行う上でのマシンの演算処理速度です。ハッシュレートとは、マイニングマシンの計算力の測定単位です。hash/s(1秒間に計算できるハッシュ数)という単位が使われ、K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)・T(テラ)などの単位と合わせて使われます。ハッシュレートが1TH/sとは、1秒あたり1兆回ハッシュの計算を行うことができるということです。
ディフィカリティ マイニングを行う上での難易度です。同スペック以上のマシンの流通により上昇し、採掘量を減少させます。
アルトコイン(または、オルトコイン) 一般的にビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)のことをアルトコインと呼びます。
ハードフォーク 特定のコインから新しいコインの派生や、ASIC耐性のプログラムの導入等、システム変更のことを指します。
IPアドレス ネットワークに接続しているマシンそれぞれに割り当てられる、設定画面に移行するためのアドレスです。
マイニングプール マイニングをする際に登録するチームのようなものです。チームに加盟しない単独でのマイニングは現実的ではありません。
マイナー マイニングをする人(会社)です。
スマートコントラクト 契約の自動化(自動実行される契約) 。ここでいう「契約」とは、書面上で作成された契約のみをさすのではなく、「取引行動全般」をさします。あらゆる契約行動をプログラム化し、自動的に実行しようとするものがスマートコントラクトです。1994年にNick Szaboという法学者・暗号学者によって最初に提唱されました。Szaboはスマートコントラクトを最もはじめに導入した例として、自動販売機を挙げています。契約の自動化におけるメリット契約を自動にすると、契約の相手を信用する必要性がなくなり、コストの低下を見込めます。