仮想通貨とは

仮想通貨とはインターネット上のお金の事です。
ただし、紙幣や硬貨のように形があるわけではなく、インターネット上でデータ化されているお金の事を指します。

  • HOME
  • 仮想通貨とは

仮想通貨=暗号通貨

仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれています。
仮想通貨で支払いをしたときに、ネット空間で暗号化されて、持ち主から相手に引き渡されます。
取引をされるまでに多くのサーバーを経由します。
その間に取引情報が盗まれたり改ざんされてしまう危険性があります。
そのため、データを盗み見されたとしても仮想通貨の情報だと分からないように暗号化してインターネット上でやり取りされているのです。
日本円や米ドル、ユーロなどの、法定通貨はその名の通り法律的な根拠によって価値が与えられているものですが、仮想通貨にはそういった国の後ろ盾はありません。
しかし、データの暗号化をはじめブロックチェーンという最新技術などにより持ち主や引き渡し相手の特定がすることができ、安全に2者間の決済を行えるようになりました。

そのため仮想通貨は、24時間365日、金融機関を通ることなく、これまでよりも早く、低い手数料で送金できるのです。

仮想通貨=暗号通貨

仮想通貨の現在と将来性

仮想通貨は多くの種類があります。
その中でもビットコインは知名度が高く、飲食店や小売店など、ネット上以外での支払いにも使えるようになってきています。
2017年、本邦では資金決済に関する法律で支払手段として認められました。
取引所で日本円に替えることもできます。
また、マウント・ゴックスやコインチェックの事件を経て、仮想通貨交換業者は金融庁からの認可性になりました。
国際的にはG20がFATF(The Financial Action Task Force:金融活動作業部会)に対して仮想通貨の規制の見直しを求めた背景があり、取引所の規制を「指針」から「基準」に引き上げるという報道もあります。
知名度、利便性の向上から仮想通貨全体の時価総額は
2016年1月7900億円
2017年1月 2兆円
2018年1月 91兆円
と年々右肩上がりで上昇しています。
今後も上昇していくとみられており、仮想通貨には大きな期待がされています。

仮想通貨の現在と将来性

ビットコイン (BTC)
世界最初の仮想通貨です。
ブロックチェーンを軸に、マイニングにより新規発行される仕組みで、2009年1月3日に最初のブロック:ジェネシスブロックが採掘されました。
ビットコインが初めて取引されたのは、2010年5月22日。プログラマーが10,000BTCをパパジョンズという有名なピザ屋のピザ2枚と交換。現在の価格では90億円相当です。

リップル (XRP)
ビットコインより決済スピードが早く、通貨間の橋渡しとなる「ブリッジ通貨」の機能が特徴です。
各国の中央銀行、日本のメガバンク、世界中の主要金融機関がリップルと提携を進めており、2018年以降続々とサービスがリリースされてくる予定になっています。
※XRPはマイニング対象外です。

ビットコイン・キャッシュ (BTH)
2017年8月1日にビットコインからハードフォーク(互換性のない分岐)し、生まれた新たな仮想通貨が「ビットコインキャッシュ(BCH)です。
ビットコインと比べ、一度に大量の取引データを処理することが可能で、渋滞が続くビットコインより速い送金が実現できると期待されています。

ライトコイン(LTC)
上位陣の中ではビットコインの次に誕生した歴史ある仮想通貨です。
開発者はGoogleの元エンジニアだったチャーリー・リー氏。
ビットコインの取引承認スピードが1ブロックあたり約10分なのに対して、ライトコインは約2.5分と4倍のスピードをもっていることです。

イーサリアム:イーサ (ETH)
ブロックチェーンを使った契約、スマートコントラクトで、通貨だけでなく、保険、不動産など、権利の移転に関わるあらゆる分野への応用が期待されています。
新たな仮想通貨の開発プラットフォームとしても多数採用されており、イーサリアムベースで開発された仮想通貨としては、オミセゴー(OMG)、オーガー(REP)、ステイタス(STATUS)、コムサ(CMS)などがあります。

イオス(EOS)
ブロックチェーン企業Block.one(CEO:ブレンダン・ブラマー氏)が2017年6月にICOした大企業向けのブロックチェーンOSです。
EOSは非同期通信と並行処理を採用し、秒当たり何百万ものトランザクションをサポートしています。
Facebookが秒間52,000回、Googleが40,000回のトランザクションをサポートしているといわれており、EOSはそれを上回る処理速度を誇っています